寄り添う

※facebookに書いた物の転用です。

一般的に音楽を聴くのって、演奏があり、楽曲があり、和声とが時間と言うかリズムや強弱があるわけですが、単純に「楽器の音」について書きます。

エレキギターの歪んだ爆音と、暴走族の排気音は、似た心理に寄り添っている気がします。
フラストレーションの発散であり、更にそれを増幅する効果をもたらします。

遠慮勝ちな人が、爆音のエレキギターを弾いても、暴力的なワイルドな音にはなり難いし、
いつもイライラしている人が、ウクレレを弾いても、楽しい気分にはなり難いでしょう。

当然、反対の事も言えます。引っ込み思案の人が、エレキギターのワイルドな音を出す様になると
その人の中に、大胆な心が生まれますし、暴力的な性格のひとが、ウクレレの小さな音を綺麗に奏でる頃には、優しさが浮上することでしょう。

私が思うに、演奏の最初は、楽曲の練習以前に、その楽器の最も得意とする音に
寄り添う事を覚える事です。

それより先に学ぶことがあるとすれば、ドアを閉める音や、歩く音に無頓着でいない事です。

楽器を選ぶ時、すでに、その楽器が自分の心に寄り添う可能性を感じていますし、演奏したい楽曲を選んだり作ったりするのもまた、自分の心に寄り添うものを求めた結果なのかも知れません。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中