音楽って何だと思っているのか

少し自分の音楽に対する理解の仕方、姿勢みたいなモノを整理してみようかと思います。

題して、音楽って何だと思っているのか・・です。

まあ、人によって音楽と言う言葉から連想するモノが随分違う場合もあるし、
簡単に「これが音楽!」と言いきれるものでもないのですが。

川のせせらぎ・・鳥の声・・風鈴・シシオドシ・・昔から議論のあるところ、
そもそも音楽=音を楽しむ・・では無い!と言う意見も度々耳にします。
主に漢文的な解釈としての、それが多いです。
それに対し、一定の理解は出来ますし、どうでもイイや・・とも思います。
自分としては「人が演奏する」が音楽の条件じゃないか・・と思っています。

自然を模すとか、ヒントを得るとか・・そんなところから、心地よい振動を
自ら作るって辺りから、音楽が始まったんじゃないか・・なんて思うわけです。

勿論、心地よいモノばかりじゃなく、鼓舞するとか興奮を生むとか、
集団が結束する機能もあったりです。まあロック的、お祭り的な世界。

大雑把に振動ですが、大きな太鼓で徐々にテンポと音量を上げて行けば、
自ずと興奮しそうではあります。
反対に、心拍が弱って行くイメージで音も小さくなり間隔も開き、不安定になれば、
何となく「死ぬかも・・」なんて不安な気分に陥るかも知れません。

そのことから考えても、振動が心理に多大な影響を与える!ってのを知るのは、
古代の人にとっても、そう難しい事ではなさそうです。

このテンポや音量ってのも、大きな波形の振動ではありますが、言うまでも無く、音そのものにも当然テンポや音量の同様、心理に影響を与えるわけです。

さらに、振動の組み合わせであるメロディーだったり、二つ以上の音の干渉だったり
人為的な操作が加われば、完全に音楽って事になります。

他者の心理に影響を与える前に、自らを心地よくするとか、鼓舞するとか・・
その為の工夫は、きっと多様になされたわけです。

その後、何百年かは分からないけど、随分と時間をかけ、作法みたいなものが見出され、様式化し、その柵の中で成長し、交配し、淘汰され・・現存するような音楽が出来上がった・・って事なのかも知れません。

おそらくは、その長い時間の中に、愚かにも見落とし、忘れ去られた探求するべき価値、と言うか、別の音楽への道もまた、在ったんだろうなぁ・・などと、無駄に思うのです。

柵の中だけでも十分に探求の価値はあるとも思いますけど興味の尽きない分野です。

年齢や経験によって、心地よい音、求める振動と言うのも変わります。
心理的にグチャグチャな時は、ほぼ騒音みたいなモノが、心に寄り添うのかも知れないし、
意識的に考えれば、対極の音を聴くことにより、心の波風を穏やかにするなんてことも出来得るわけです。

とっ散らかったので、まとめ・・自分、もしくは他者の心理に都合よく働く振動を人為的に作る・・が音楽なのかな・・と現時点では思っているようです。振動と言う中に、歌詞と言うか、言葉も含んだ解釈です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中