音・についての考察・その2・重力と慣性

音・についての考察・その2・重力と慣性

「よいしょ!」「わっしょい!」とか「えっほっ!」とか・掛け声は・重力と慣性の表現だ。
「よい・しょ」の「よい」は、重力のかかる状態「しょ」は・その反対。
「え・っ・ほ・っ」は「え」と「ほ」に重力がかかり「っ」は・その反対。
「えっほっ」は繰り返し行われる掛け声で、慣性的に、早くなったりする可能性もある。

これは、共同作業などにおいて有効な音楽の使われ方だろう。
労働歌やら・軍隊の行進やら・マスゲームやら・基本的に音楽が使われる。
本来・テンポのキープではなく・力の配分の表現だ。

「よいしょ」の例として、重い鍬で畑を耕す姿を想像してみよう。
「よい」の段階で・鍬は持ち上げられる。初動が一番重く力がいる。
その後・振り下ろすわけだが・重力にそった力の入れ方をすれば、より効率よく鍬は地面に突き刺さる。要するに・最も速度が乗ったヒットの瞬間と言う事になる。

呼吸を合わせる!初期的な音楽の実用化?は、重力と慣性の表現だったかも知れない。

黒人音楽的なビートは、駆け足のように重力とのバランスが連続する感性によって生まれる。
海洋民族的な力配分もまた船を漕ぐ連続性のある動作に似ている。

対して・鼓の「よ~っ!」は、鍬を振り上げるイメージに近いし、音が鳴った瞬間は、鍬が地面に刺さった瞬間に似ている。実際には、呼吸かも知れないが・どちらにしても・慣性に従って連続的に行う行為ではなく鍬の一撃に集中する感あはある。重い鍬なら「よ~っ」は、それに従う。これも、強制労働化したら、一定のテンポで軽く効率良く・となるのかも知れない。

洋の東西を問わず・音楽シーンの殆どは、この原初的な感性を忘れている。
息を吸わずに声を出す・鍬を振り上げずに振り下ろす・
著名な人でも・かなり・そうなっているが・皆・気にしない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中