1115コンサート間近 八丈太鼓など

コンサート間近・・宣伝をかねて八丈太鼓のお話。

八丈太鼓は、10年くらい前だったか「大久保アジアの祭り」というイベントで「まごめ会」の演奏を見たのが最初。メンバーの中に柵木さんもいらっしゃいました。
見せて・聴かせて楽しませるだけで無く参加型。
多文化の交流の切っ掛けを作る上で、未経験者が一緒に演奏出来る形は魅力的に思えました。

しかし、そのベースに八丈島の文化・気質の様な物がしっかり存在している事までは、考えも及ばなかったわけで、今回はその辺りの理解も少し進み興味も増してきました。

例えば、お年寄りに手拍子をお願いすると大概は、頭拍に手を打つ事になります。
日本の民謡に関しては、そう言う物だと思っていたわけですが、八丈島の古老?今回のゲスト長山君の師匠に当たる故奥山熊夫氏の歌、演奏を聴く限り、後の拍にアクセント・手拍子があり太鼓のノリも私にはその様に聞こえます。
アップビートアクセント・・バックビート・・まあ、ロックなんです。

面白い事に、その後の八丈太鼓、歌の継承者をネットで聴く限り、皆さんダウンビート・・勘違いで無ければ八丈島には江戸時代以前からロックがあった・・そしてその部分は

消えそうなのかも・・

(最初のショメショメが2拍子2拍目から始まっていると考える。)

太鼓と歌 17分27秒~

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中