祈りの音 冬の音

「かしこ」と言うCDを作り、今年4月からルーテル東京教会で四季毎にコンサートを企画しています。(実際にはタイミングがズレてますが・・)

次回は2018年1月31日 「祈りの音冬の音」と題して、アイヌの人々の言葉と音楽をモチーフにしたコンサートになる予定です。

「かしこ」は「我らをこの地に住まわせたまえ」という歌です。

月や火星の土地を買う・・その感覚が、私には分からないのですが・・・
そもそも誰から買うのだろうね?そう考えると、土地だって私の物と主張する根拠が分からない・・と思ったりもします。

震災、原発事故や基地問題、領土問題、様々なトラブルの根っこには、少なからず土地はいったい誰の物なのか?が絡みます。
所有の根拠は、歴史のどこかで様々に作りあげられた物語で、集団的な思い込みが具現化、実体化今の暮らしを一気に変える事が出来なくても、
再考の必要はあると思うのです。

春は、「兆しの音」と題し、違和感を持ちながら生きる人達の出会いや、そこから始まる変化の兆しを作品にしようと考えました。
夏は「昊の音」と題し、生まれた場所、暮らす場所にどう結び付いているのかを考えました。
秋は、「愁いの音」と題し、土地と結び付いた暮らし、他の地からやって来た人「よそ者」との関わり、肯定的なあり方として八丈太鼓を紹介しながらやってみました。

明治時代、アイヌの人々は国家ぐるみの差別、弾圧を経験し、それまでの暮らし・自然との関わりを続けられなくなった経緯があります。(実際には、もっと前の時代から大きな苦悩があったわけですが・・)

「自然と向き合い共存する感性」それは遙か昔、私達の祖先にも備わっていたのでは無いでしょうか。
その感性は、先住民の言葉や暮らしが消えて行くのと比例するように消滅の危機に瀕しているのではないでしょうか。
「アイヌの声を聴く」は「数千年前の我々の声を聴く」に似ているようにも思えるのです。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中