何も知らなかった・アイヌのこと

今回のコンサートの為に、ある程度ですが、アイヌについて調べました。主には、youtube等からの音源、ドキュメンタリーフィルム、イザベラバードの本の解説・知里幸恵の遺稿などです。縄文・イヌイット・北米先住民・明治維新・ネットサーフィンのごとく、興味は連鎖し終わりは見えません。それ以外にも長いこと感心を寄せていた物とも随分繋がります。

子供の頃、家に鮭をくわえた小さな木彫りの熊がありました。
父か祖母か忘れましたが、アイヌと言う言葉を初めて聞いたのはその時かも知れません。

小学生だったか、知床旅情と言う歌が流行、歌詞の中にあるラウス・ピリカ・・と言う
言葉が、日本語に思えなかったのを覚えています。

まあ、実際、日本語では無かったわけですが、その際、ピリカは、アイヌの美しい娘の事だと
父から聞きました。

※調べるとこんな話も・・・

(歌を作った森繁久弥は2番の歌詞にある「ピリカ」(本人はアイヌメノコ=若い女性の意味のつもりで歌っていた)が羅臼地方で「ホッケの幼魚」の意味で使われることを知り、気にかかっていたという)

高校生の時、観光で白老を訪れ、アイヌの人達と初めて遭遇する事になりました。観光施設化していて、アイヌ達は、その民族衣装をまとっていたと思います。顔つきなど魅力的な風貌ではありましたが、その場は、陰気で寂しく、長居したくない空気だった印象があります。

帰りの青函連絡船、その甲板で木彫りの熊を掘る初老のアイヌと出会いました。
何を話したかは覚えていませんが、その手作業と横顔に見入っていた事を覚えています。

上京し、大久保辺りに根付いた頃、近所にあった寿司屋で働くアイヌの青年と親しくなりました。優しい性格と、潤んだ様な優しい目がとても印象的な人でしたが、ある日、常連客から、ひどく差別的な発言を受け、非常に悲しんでいる様子を目にしました。しばらく後、彼は店を辞めてしまい、二度と姿を見る事もありませんでした。その時に初めて、アイヌ差別が在ることを知りました。

今回のコンサートで、特に差別問題を取り上げるつもりはありませんが、アイヌを知る過程において避けては通れない問題である事もまた確かです。その辺りの情報は探す気さえあれば、ネット上にも多数あります。

では、何故アイヌなのか・・ですが、私、私達の社会が、とっくの昔に置き忘れた大切な物を、彼らはつい最近まで大切に守っていた、或いは今も守ろうとしている。そう感じる事によります。

私にとって、このコンサートは、アイヌを学ぶ、アイヌに学ぶ、物でもあります。是非、ご一緒にいかがですか?

 

 

 

広告

うぽぽとムックリ体験

大久保でアイヌ音楽体験「うぽぽとムックリ」※「うぽぽ」アイヌ女性達の輪唱。「ムックリ」アイヌの口琴です。(写真左)
12月23日土曜日午後3時から料金はカンパ制、まあ無料も可、所得に合わせお願いします。ムックリは希望者に500円で販売します。

講師はアイヌ文化継承者であり歌い手、ムックリ、トンコリ奏者 次回コンサートのゲスト、宇佐照代さん。(写真右)お店の入り口です。
宇佐照代さんの経営するアイヌ料理のお店「ハルコロ」食べ物&持つで食べ物に困らないの意だとか・・はスタジオから徒歩5分ほどにあります。
美味しい北海道の食とBGMはアイヌ音楽が楽しめます。体験後、ご一緒にいかがですか?

最近漫画の世界で注目が高まっているらしいアイヌ文化。
世代によっては、知床旅情の歌詞にあるピリカ、ライブの店コタン、漫画のカムイ・・などある程度聴いたことのあるアイヌ語もあります。

昨今、テレビなどでやたらと外来語を使うので何で皆が知っているのか?とても不思議になる事も多い。例えば「コンセンサス」・・大まかに「全会一致」らしいのだが、そう言えば良いじゃん・・と思ったり「コンセントにプラグをさし込む」の略か?と言いたくなったり・・

まあ、実際にはニュアンスが日本語に無いので訳せない・・と言う声も聞こえて来そうだが、なんとかしろ!と思ったりもする。日本は、そうやって何でも取り込み、入れ替えてしまう文化があると言っても良い。

明治生まれの人でも、「リヤカー」や「ミシン」と言う言葉を使っていた。外来語の意識無く使って居た人も多い気がする。元々日本に無かった物は、無理矢理日本語で言う必要も無いのかも知れないが・・・例えばリヤカーだが、荷車はあった。リヤカーと大きく違うのはどこなのか?チューブ入りのタイヤや鉄製の骨組み? まあいいや・・

漢字の入って来た時代も、こんなんだったのか?と思ったりもする。
英語になって少し良かったと思うのが「トイレットペーパー」最近「便所紙」と言う言葉を聞かない。英語の方が少し臭わない感じがするもんね。

母親を呼ぶのに我が家は「かあちゃん」だった。最近は、そこいら中「ママ」だが、あまり好きにはなれない。こうやって日本語は侵略されて行く・・まあ、お母さんが日本語なのか知らないが・・

アイヌ語でお母さんは「ハポ」と言うらしい。なんか可愛らしい。アイヌの文化を残す意味でも、出来れば子供達に「ママ」と呼んで欲しくない。

音・についての考察・その1・見えないモノ

特に「音」と名付けなくても認識される・・動物も音に反応するわけだし。
「音」が何かの気配を示す事も、出現する理由も、色々と想像を巡らせ・実証してきた。

そのうち、自らが「音」を出したり・利用したり。その一つが音楽と呼ばれるものになった。
大きな音を出したら周囲にあるモノが共振するとか、反響するとか、目に見えない特別な物を感じたかも知れない。やまびこ・とか。

そのうち、自分たちに見えないけど存在するであろう何か・に、気付いてもらうと思ったかも知れない。その為の大きな音・・遠くまで届きそうな音・周囲の空気を震わせる大きな太鼓の音とか、けたたましい笛の音とか・・

それは供物のようなモノで、儀式が終われば皆で分け喰う。まあ音だから食えないが・・その音を出した本体、楽器を持ち帰えられ、好き好きに鳴らして楽しんだかも知れない。

そうなると今度は、目に見えないモノが相手ではない。身近な仲間達が楽しめるモノなら何でも良い。忘れられているが・見えないモノからのお裾分けだ。

民族・地域によって、見えない存在は随分と遠くにいるか・または、耳が遠いか・・
そう思った人達は、爆音を好んだのかも知れない。

寓話っぽい二つの物語Ⅱ

車の男が、飛行機の男に憧れる。
雲の上で良く見えないが、全てが美しいと噂もある。

自転車の男が、車の男を妬ましく思う。
窓越しの男は、昨日までは、自転車に乗っていた筈から。

トボトボ歩く男を、自転車が追い越して行く。
「そんなにのんびりじゃ生きている間に辿りつかないよ。」

歩く男は思う。

彼は知らないのだろうか・・1と2の間にも1と100の間にも、
同じ空がある事を・・いつだって辿り着いている事を。
///////////////////////////////////////////////////////
子供の頃、隣の家に、漁師の家族が住んでいました。

その家のお婆さんは、毎日、海を眺めていました。

小学生の頃だったか、お婆さんに尋ねました。

「毎日海を見ていて飽きないの?」「遠くに行きたくない?」

お婆さんは、こんな事を言いました。

「同じように見えても、同じ時はないから飽きないよ。」

「一度だけ金毘羅参りに行ったけど、その間、ここの事が分からなかった。」

※およそ、こんな内容でした。実際には、この場所で経験した大震災や
 台風で船が沈んだ話など、色々あったと記憶してます。
 子供なりに衝撃だったので、未だに忘れないようです

kashiko 寓話っぽい二つの物語

ある一群が、食べ物も水も豊富で安全に暮らすには最高の土地を見つけた。
定住を考えるが、この恵まれた環境を作った存在・主の許しを得たい。
ところが、主は一向に姿を見せない。
彼らはそこに暮らしながら、主の戻る日まで感謝の行いを続ける事にした。

何世代か続くと、一向に現れない主の存在は、すっかり忘れられ、住民は、
先祖の土地だと思い込む。この地は、私たちのモノである!が彼らの常識になった。

続きを読む: kashiko 寓話っぽい二つの物語

時代おくれなのか

昔は小さな畑に、そこそこ作物を作り暮らしていました。
ある時期から、急に作物の価格が暴落、収入は激減、生活は困窮厳・・

ある人が、理由を説明してくれました。あなたと同じ仕事をしている1人が、
十倍の土地と機械を買い、10倍の利益を得たのです。
その成功を見た人達は、競って彼の真似をしました。
借金してでも十倍の土地と機械を手に入れるべきだと考えたのです。

その結果、市場には作物が溢れ、安くしなければ売れない様になりました。
あなたも、皆と同じように投資しない限り、生き残る事すら難しいでしょう。
なんてね・・(笑)

スマホ買っても、何かが良くなったと言うよりは、更に消費する機会が増えただけだったり・・ 続きを読む: 時代おくれなのか