大橋さん世を去る

大橋さんとの出会いは、2012年「荒馬の旅」代表の田村さんから舞台音楽の依頼を受けた事による。

それまで演出家と呼ばれる正体不明の人種との接点など全く無かった。

その後8年の間に、あと2人の演出家と仕事をする事になったが、幸か不幸か私にとって演出家の基準は大橋さんになったし、全てが予想外、風変わりな経験だった。

台本は無し、タイトルのみ提示され、その意味するところをタイトルを提示した田村さんですら分からない!と言う。想像する演劇とは程遠いし、そもそもどんな曲が求められているかは、無いに等しい。

役者さん達は、それぞれ、そのタイトルから連想する何かを持ち寄り、 メンバーの前で演じる。時に一人で、時に仲間の手を借りて。

30程のエピソードが積み重なると、大橋さんによって掘り下げが求められ、整理され、やがて一つのストーリーが存在するかの様な空間が浮かび始める。

舞台の役者は、闇に揺れる蝋燭の灯りの様なモノだ。

誰かの炎ばかり見つめて真似をしても、炎を作り出している根拠はない。

舞台に見えない部分が炎だったり役者だったりを作り出す。

きっと、それは別名「日常」だ。

舞台や客席に人がいる限り「無」は存在しない。

見透かされる恐怖を忘れたインチキと、分かった顔をする観客。

そんな場所に簡単に共感出来る感動なんかあるはずもない。

結局は、何を持ち帰ったのか?  持ち帰ったものを、どうにかするのは、その個でしかない。

これは政治家と国民の関係にも似ているな。

あさ大橋さんは稽古期間、何度か1人でスタジオに足を運んでくれた。お互い何のポーズも無く、仕事の話は、日常に拡散する。

子供のような好奇心と自分の場に対する自信。それには好感を持たされてしまった。

演劇、舞台、そんなところに疎い自分が見ていたのは、舞台を作ると言うより、舞台、役者と言うとっかかりを通して自分に向き合う人を作っていたようにも思える。

弔問の際、 娘さんを見て更にそう思えた。

思えば、後に知り合った演出家もまた同様の側面はあった気がする。ガムシャラに自分のトンネルを掘る人と舞台を作る、違うかな、日常を生きる!かも知れない。

ひたすら自分のトンネルを掘り続けると、いつかは広い場所に出る。

ガムシャラにトンネルを掘り続けたら、きっとまた笑顔の大橋さんに会えるんだろうと思う。

もう少し、お互い嫌な奴でいたかった。

緩やかに再開、緩やかにシフト

収束したのか否か、ほとんど納得のいかないまま、世の中は緩く動き始めています。現在スタジオは利用者もないまま再開しました。

個人練習、レッスン等、少人数の利用からでも、活気が戻ってくれるとありがたいと思っています。

いずれにせよ、ミュージシャンが、かつての様に活発なライブ活動が出来ない以上、利用者数は、戻らません。

加えてライブ配信などが定着すると、ライブ、レッスンなどもオンライン化、スタジオの利用は更に減少すると考えています。

当然、従来の業務形態では、立ち行かなくなるのは自明です。

スタジオの環境を利用したオンライン業務や、直に同じ空間にいる事でしか成立しない音楽のあり方などを模索して行くつもりでいます。

今後とも大久保スタジオMを、よろしくお願いします。

世界の豊かさに愛を込めて

このところ、以前録音してsoundcloudに上げていたプンの曲を自分でベースを弾きキーボードを入れて動画も付けた。
YouTubeで最初に表示される静止画の設定が分かんない。誰か助けてくれると嬉しい😊

なぜ彼等は異国に働きに出なければいけないのか?その事情を多くの日本の人にも考えて欲しいと思う。
オレはネパールの人達の根本的な優しさが大好きだ。それは、かつて自分もそう言う人達に囲まれて暮らしていたような懐かしさを感じさせてくれるからかも知れない。
先進国?の人は多くを得たかも知れないが多くを失ってもいる。
それは必然かも知れないが、失ったモノが持っていた豊かさを思い起こす事も、また大切だ。

stay Home

https://youtu.be/ykEvliT8f8Y
色んな音作りに挑んでいます。これはほんの1分半の短い曲。
つい最近の曲です。

真偽不明の情報に疲れた時、ふと思うのは、自然の声も自分の心の声も聞こえない程、人の世は、けたたましく雑音に満ちているかと言うこと。😊
この1分半が、自然や心の声を聞く入り口になれたらと思うます。

当面バンド練習の予約は休止です。

先月末より、イベント、ライブの自粛に伴いスタジオの利用も少なくなりました。多くのライブハウス、飲食店同様、苦境に立つ事は確かですが、ウイルス感染の実態が分からない以上、最悪を避ける方法が人との接触避ける!であるなら、ここは耐えていくしかありません。

moneyを得る事が音楽の目的だった分けても無く、この機会に省みる事柄、新たに学ぶ事など多いと考え、凡そ一月、個々に楽しみましょう。

次に会う時、より多くを持ち寄れると思います。

それにしても、この事態で困るのは人間だけ^ ^空は綺麗なり本当かどうか分からない温暖化も、異常気象も、回復するかも知れません^ ^

スタジオでは、のんびり音源作りやYouTubeのコンテンツ作り、動画配信などにも挑戦してみたいと思います。